解説:穢レ詠って何ぞや?

ご機嫌よう、知田優(夕立P)です。

今回はこちらのサイトを既に訪れた方はもう目にしたであろう怪文書『穢レ詠』について、簡単に解説を致します。

短歌ベースの怪文書

BEREALのコンセプトである『悪』『現実』にフォーカスした、わたくしの考えを短歌のフォーマットにて分かりやすく説明したものです。

要するに、わたくしの思想が存分に入り込んでいる「短歌ベースの怪文書」であります。

何事も分かりやすく、衆生(大衆)に広められるものとして

世の中には小難しい、頭でっかちな、それこそ「同じような学習レベルの人間同士」でなければ伝わらないような文章が溢れています。これはつまり、本来であれば広く知られることで世のためになる素晴らしい話であっても、単なる内輪での広がりしかならないケースとなるリスクが高いです。

それは機会損失……世の中を良くするチャンスを自ら放棄……ドブに捨てているようなものです。

これを私は「自己満足が生み出す慢心……悪である」と考えます。

むすび

『穢レ詠』とは、我々BEREALのコンセプトと、私の考え方のエッセンスを凝縮した、短歌の形をとった怪文書であるということです。

どんなに素晴らしい思想・アイデアも、その人の頭の中にあるだけでしたら、それは世の中には存在していないのと同じです。だってみんなエスパーじゃないんだから、知ることがまずできないんですもの。

穢レ詠とはそういった私の考え方に基づく、ひとつの表現の手法でありながら、思想・アイデアを広く共有し、またこれを読んだ方が考え・分解・再構築するためのものです。

それでは引き続き、飽きるまでの間はこの悪人とお付き合いくださいませ。

……あ、穢レ詠はこちらから読むことができます。

穢レ詠アーカイブ